高卒・工場勤務で仕事を辞めたいなら、絶対にやっておくべき事教えます。

工場勤務へのすすめ

夜勤も上司も全部うんざりだー!

みたさん
みたさん

そんな気持ち分かります『みたさん』です

この記事では高卒・工場勤務の皆様に『どうすれば辞めれるのか?』を実際に高卒・工場勤務で会社を辞めた僕がお伝えしたいと思います。

▼このような方の参考になれば幸いです

ジャイアン
 

高卒・工場勤務で今すぐ辞めたいです。
でも将来が不安で、今の給料も安定していて中々一歩目が踏み出せません。
どうすればいいのか分からないのです…

少年
少年

会社を辞めたいけど、何かしたことがあるわけじゃないし…
とりあえず続けてるけど僕の人生って一体…

高卒・工場勤務だった僕だからこそ分かる悩みに答えていきます。
そして必ずやった方がいい事もお伝えしますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

高卒・工場勤務で辞める前に必ずやるべき事

工場勤務を辞めたい理由は人それぞれあり、特に18歳から働き始めて同じ会社・同じ工場に居続けると必ず不安に駆られます
これは皆が通ってきた道であり、不安に思うのは当然の事です。

まずは『辞めたい』と思っている事はマイナスの感情ではない事を伝えればと思います。

高卒・工場勤務が仕事を辞める前に必ずやるべき事その1

辞める前にするべき事で一番大事なのは覚悟を決める事です。

あなたの周りにも毎年このような事を言う方はいませんか?

高校生くん
 

仕事辞めようかな~

みたさん
みたさん

『仕事辞める辞める詐欺』これ多すぎね

あなたはこのパターンに当てはまってませんか?
まずは自分自身に問うてみて下さい。

本当に辞めたいのか?』

まず大事なのは意思の確認。
会社が潰れない限り、工場勤務は比較的に安定した給料で将来はローンも組めるレベルの会社員として生き続ける事が出来ます。

工場勤務の平均年収は額面500万くらいでしょうか?
これで充分だと思うなら辞めない方がいいです。

平社員の状態でも『残業』『夜勤』である程度以上の額が貰えるのが工場勤務の利点です。

また『辞める辞める詐欺』をしていると出世の道も無くなり、給料増加の見込みも消えていきます。

まず最初にすべきは『意思の確認』です。

高卒・工場勤務が仕事を辞める前に必ずやるべき事その2

それでは辞める意思が確認できた方は『貯金』をして下さい。
いくら貯めればいいのか?

1ヶ月に掛かる生活費』×『12ヶ月分』用意してください。

これが最低ラインと思ってください。
会社を辞める』=『無職』=『給料0』です。

きっと工場勤務の方の中には『やりたい事が特にない』方も多いと思います。
一度会社を辞めて『やりたい事』を見つける期間も必要じゃないですか?それを1年間と見立てて貯金しましょう。

会社を辞めた後の一番の不安はお金に関する事です。
お金の不安は会社を辞めたら嫌でも付き纏ってきます

高卒・工場勤務が仕事を辞める前に必ずやるべき事その3

本を読んで下さい。
工場勤務のデメリットの1つに『井の中の蛙状態』があります。

あたなの周りにもいませんか?
同じ工場でずっと勤務し続けてきた人が『俺は社会を知っている』みたいな事言う人。
僕の周りには沢山いました。

ずっと同じ環境に居続ける事はアナタの想像以上にアナタを劣化させます。

この状況に陥ると常識を工場内でしか判断できなくなります。
『工場の常識』=『社会の常識』などありえません。

ですので見聞広げる為にも本を読んで下さい。
本を読むメリットは過去の賢人達の知識や人生のアドバイスを手軽に聞けることです。
皆さんにピッタリじゃありませんか?

▼読むべき本を纏めた記事がありますので、そちらを是非ご覧ください。

工場より外の世界から人生経験を教えて貰いましょう。

高卒・工場勤務が仕事を辞める前に必ずやるべき事その4

少年
 

会社を辞めたら同僚に迷惑が掛かるんじゃ…

みたさん
みたさん

この考えを無くしましょう!

残酷な事を言いますが…
あなたの替わりは必ず居ます。

「自分が辞めたら会社に迷惑が…」なんて考え不必要です。
だって辞めるんだもん。

上司に辞める旨を伝えた後に何を言われようが関係ないです。
あなたは会社を辞めるんですよ?

あなたが居た部署にどれだけ被害があろうが知ったこっちゃない。

大事なのは自分です。辞める会社じゃない。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
それでは簡単なまとめです。

  1. 辞める前に覚悟を決める
  2. 1ヶ月分の生活費×12ヶ月分の貯金をする
  3. 見聞を広げる為に本を読む。
  4. 会社に掛かる迷惑は他人事

高卒・工場勤務のレッテルをぶっ壊す記事をこれからも書き続けて行くつもりです。
是非これからも読んで頂ければと思います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました