【留学失敗談】留学前にやるべき事ってなに?不確かな情報によって不安に…

留学体験談
困る子さん
困る子さん

留学・ワーホリって一体どれくらいの英会話レベルが必要なの?
思い切った決断だから、絶対失敗したくないし…

みたさん
みたさん

ってことで、今回は僕がどれくらいのレベルで留学して、何が失敗だと思ったかをシェアしていくよ!

・この記事における内容は全て筆者の経験から基ずくものとなっています。
・一個人の見解としてご覧ください。
スポンサーリンク

アメリカ留学経験者が語る、必要なレベルと失敗談

まず必要以上に『レベル』を意識している人は、一度忘れて下さい!
これに捕らわれながら勉強するのは止めよう!

少年
少年

でも勉強の意識は大事じゃ…

勉強の意識はとても大事です。
でも、それに縛られる必要は全くありません!

みたさん
みたさん

ズバリ言いますけど、現地で必要なレベルって事前に分かりませんよ?

事前に分からないレベルを準備する事は出来ますか?
分からない『レベル』を追っている時間は『不安』や『焦り』に駆られてストレスが半端ないです。

出発前にそんなストレスを感じるくらいなら…
そんなもん忘れちまえ!!

それでは、そんなもんを忘れられず試行錯誤を留学出発前に繰り返した僕の体験談をシェアしていくよ!

スポンサーリンク

アメリカ留学経験者の勉強失敗談

忘れもしない。
あれは留学出発の1週間前だか2週間前のある日だ…

マダム
マダム

もう忘れとるがな

僕はひどい『不安』に駆られていた。
彼女とは別れ、仕事は辞め、あるのは貯金と整った顔だけ…

マダム
マダム

鏡見た事ないんか?

さて事前に僕の英語のレベルでも紹介しよう。
覚えている単語は「nice to meet you」レベルの英単語達。

リスニング能力?(。´・ω・)ん?なんだねそれは?
くらい酷いレベルであった。

レベルが低すぎる事は認識していたので、あらかじめ準備をしたいと思い、Youtubeの聞き流し系動画を聴く日々が始まった。

それは冷たい雨の日も、強い風の日も…
僕は毎日欠かさず聞き流しリスニングをしていた。

マダム
マダム

まぁYoutube見るだけやからな

結果、聴き流した物はそのままどこかへ流れていった…

なんだったんだ、あの日々は…
ってなくらい現地のレベルは段違いに高かった

いや。僕が低すぎただけかもしれないが…
しかし遜色なく話すと、語学学校の説明が全て聞き取れずに訳の分からないまま、初日は終わった

そこで僕は思ったんだ。
現地に着いて初めて自分のレベルを知れる』って。

声を大にして「事前の準備は不発に終わる」と教えたいんだ…
もし不安なら『文法』の勉強くらいしておけばいいと思う。

正直に言う。
事前にYoutubeの聞き流しリスニングを毎日していたから僕も多少は自信があった!
でも…でも…そんなものは……通用しないんだ…

改めて言わせて欲しいんだが、事前に準備するなら『文法』くらいにしておきなさい。
文法は確かな知識として役に立つ。

困る子さん
困る子さん

努力が足りなかったんじゃない?

みたさん
みたさん

それもある。それもあるが、努力の量こそが今回僕が伝えたい『見えない物』なんです。

あと、どれくらい努力すれば事前の準備は終わるの?
確かに準備は沢山やって越したことはない。

しかし、現地で得れる経験が勝るんだよ!
それが僕らの英語学習を加速してくれる。

僕の最大の失敗は『分からないレベルを追って、分からないまま勉強した気になっていた』こと。

スポンサーリンク

まとめ

みたさん
みたさん

不安に押しつぶされるくらいなら、勉強なんてしないでいい。

留学・ワーホリ前は不安が多いと思う。(初めての人は)
勉強して不安の種を完全に消す方法も1つだと思うよ。

でも僕はそれが出来なかった。
むしろ『やってたのに(つもり)出来なかった』って、後になって2倍ダメージが返ってきた。

それなら僕は言いたい。
勉強なんて止めちまえ!

どうせ現地に着いたら必死でやるんだ。
やるしかないんだよ。

なら、行く前くらいは友達や家族と過ごすのがベストなんじゃないかな?

不安に押しつぶされそうな人は心配しないで。
「Nice to meet you」が精一杯で、最下層スタートだった28歳の男が8カ月後には、High intermediate(中の上)に在籍していたから。

大丈夫。
肩の力抜いて、楽しんでいこうぜ!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました