【留学失敗談】留学中に恋をすることはある。コンドームは持って行っとけ。

留学体験談
禁忌を統べし者
 

留学中に外国人と恋に落ちて色々あるんだろうな…ふふふ
ねぇ?本当にあるんですか?ねぇ?

みたさん
みたさん

あった。と答える『みたさん』です。
みんなが後悔しないように僕の経験を話していくよ

・この記事における内容は全て筆者の経験から基ずくものとなっています。
・一個人の見解としてご覧ください。
スポンサーリンク

留学中に外国人に恋をしてもいい

まず留学中に恋を育みたいと願ってる・想像している君たちに大事な言葉をプレゼントしよう。

Love is no language.

愛に言語は無い。
これは僕の友人がくれた素晴らしい言葉だ。

この言葉を忘れないでほしい。
これが一番伝えたい事である。

全てのタイミングは奇跡なんです。
そのタイミングを逃したら一生同じタイミングは来ない。

これから留学・ワーホリを考えている人は肝に銘じて下さい。
損をしないためには行動あるのみ、たとえ上手く話せなくても。

こんな偉そうに言ってる僕は失敗したと思う。
だからこそ伝えたいんです。

それでは僕の留学中の恋物語をどうぞ。
失敗しないために学んでほしい。

スポンサーリンク

留学中の恋の行方は!?

彼女と出会ったのは、アメリカに着いて2ヶ月後の寒い冬の事でした。
僕は一瞬で恋に落ちた。

彼女の名前は『ハンナ(仮)』中東から来た綺麗な女の子。
ハンナは優しい笑顔で毎朝挨拶を交わしてくれた。

僕だってバカじゃなかった。
チャンスは今しかない事くらい理解していた。

僕は案内を装って近くのフードコートに昼ご飯を誘い、一緒に行動するようになった。
たわいもない会話が何より楽しかった。

ハンナは日本の漫画にも興味を示していて『君に届け』を見た事があると漫画の話で盛り上がった。
僕の事を『風早くん』に似ていると言ってくれた。

どうやらハンナは目が悪いようだ。

僕の顔は風早くんの顔に那須川天心がハイキックを10発はくらわせたような顔だ。
ハンナは確実に目が悪い。でもありがとう。

僕は海外にいたからなのか、素直に彼女の外見や内面を褒めていた。
日本では考えられない行動力だった…

「君の髪の毛は美しい」
「君のそんなところが可愛いよね」

変質者か何かですか?

なんだこの恥ずかしいセリフは…
でも恥ずかしい言葉をどんどん伝えていたのは確かです。

ストレートな言葉はとても大事。
ハンナも恥ずかしがりながらも「ありがとう」と言ってくれていた。

それからも事あるごとに一緒に学校生活を過ごした。
しかし別れの日は来るのである。

先に卒業を迎えたのはハンナであった。
ハンナに伝えていない大事な事がある。

「君の事が好きだ」

たったこれだけの言葉をなぜ今まで伝えていなかったのか、僕は後悔した。
色んな言い訳が頭を巡っていた。

卒業式後、彼女と2人っきりのチャンスを作り僕は彼女に伝えた。
彼女も僕のことが好きだと言ってくれた。

付き合ったりするわけじゃないけど、互いの思いを確認出来て僕は幸せだった。
伝えていなかったらもっと後悔していただろうから。

その後は身体の関係になったわけではない、コンドーム持ってなかったし。
ただそれを言い訳にするくらいだったらコンドームを日本から持ってきとけばよかったと思った。

アメリカにももちろん売っている、買うのが恥ずかしかったのは事実だ。
買った後に使わなかったら一番恥ずかしいじゃないですか?

でも、それを言い訳にするくらいだったら買っておくべきだったんだ。
こんなダサイ言い訳をしないためにも、留学・ワーホリに行く男子はコンドームを持って行ってくれ。

ハンナとは今でもWhatsAppで連絡を取り合っています。
またいつか出会えたらと願っている。

スポンサーリンク

まとめ

僕みたいなダサイ言い訳するような男になっちゃダメだ。
可能性は0じゃない。使い慣れているコンドームを持って行きなさい。

あと日本人女性はマジで『軽く抱ける』と思われているから注意して欲しい。
あくまでも僕が海外の友達から聞いた情報だ。

留学・ワーホリ中に恋することはある。
僕が声を大にして言わせてもらおう。

その時は自信を持って行動あるのみだ、行動が全てだ
必要なのは自信・行動力・コンドーム、この3つだ。

幸運を祈る。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました